「復縁できずに時間だけ過ぎていく日々がつらい」「気が付けば元彼のことが頭に浮かんでいて、何も手につかない」

復縁したい思いが強ければ強いほど、つらい気持ちも増しますよね。

しかし、つらい復縁を乗り越えた先には大きな幸せが待っています

だからこそ本記事では、復縁に伴うつらい気持ちを乗り越えるための考え方や行動をまとめました

自分の気持ちを労わることも、大切な復縁活動のひとつ。

今のつらい気持ちに負けて未来の幸せを逃さないために、まずは本記事を読んでみてください。

「復縁がつらい」と感じるのは悪いことではない

「復縁がつらい」と感じるのは悪いことではない

そもそも、「復縁がつらい」と感じるのは決して悪いことではありません

幸せを掴むには痛みが伴うものです。

つまり、あなたが今つらいと感じているということは、同時に幸せを迎え入れる土台が作られていることにもなります。

つらい時間を過ごした分だけその先には幸せが待っているということ。

「復縁できないのがつらい…」

と考え始めたら、

「…でも、つらくていいんだ。」

と自分をまずは受け入れてください。

「復縁がつらい気持ち」が和らぐ"考え方"

「復縁がつらい気持ち」が和らぐ考え方

気持ちを受け入れたところで、次は「つらい気持ちを和らげる考え方」を挙げます。

元彼の嫌いな部分を挙げる

元彼の嫌いな一面を何でも良いので思い浮かべてみてください

浮気性なところ、自分勝手なところ、愛情表現をしてくれないところ、、、

付き合っていて気になる部分はあったのに、別れた寂しさから元彼との思い出を美化していることはよくあります

あなたは元彼の何が一番好きで復縁したいのでしょうか?

一度冷静になって、元彼と復縁して本当に幸せになれるのかどうかを考えてみましょう。

自分が幸せになる道はいくらでもあることを知る

あなたの幸せは、元彼と復縁することだけではありません

例えばこの先新しい職場で出逢った上司と付き合うかもしれませんし、恋愛対象として見ていなかった旧友と恋に落ちるかもしれません。

追い詰められれば追い詰められるほど、幸せ=復縁だけという視点で日常を過ごしてしまいがち。

しかし、決してそうではありません。

この先に待ち受ける未来は無数に存在することを改めて知りましょう。

今は結果ではなく通過点だと思って乗り越える

復縁がつらければつらいほど、"つらい今"にばかり目を向けてしまいがち。

しかし、あなたがつらいのは今だけで、今を乗り越えた先に本当の人生が待っています。

今は最終ゴールではなく、あくまで通過点

先を見据えた目線で今という時間を過ごしましょう。

スポンサーリンク

「復縁がつらい気持ち」が和らぐ"行動"

「復縁がつらい気持ち」が和らぐ行動

ここからは、つらい気持ちを和らげる行動をまとめます。

「つらいときに行動なんて起こせるわけない」と思いがちですが、何もしなければそこから前に進むこともできません。

気持ちをコントロールする術を覚えておくのは、これからの人生で絶対に役立ちます

つらい気持ちに浸ることに慣れてしまうとどんどん不幸な人生を引き寄せることになるので、まずは以下の行動を起こしてみてください。

異性との出会いを作る

元彼と復縁したい自分の気持ちを掘り下げてみると、元彼に「執着」している部分があることが多いです

実は他にもっと素敵な男性がいるのに、それに気付くことなく元彼だけに固執し、膨大な時間を失ってしまうのはもったいないです

「失った時間でもっといろんな恋ができたかもしれない」と後悔するのはつらくないでしょうか?

私たちは恋愛できる年齢がある程度限られています

そう考えると、いろんな人に目を向けていろんな恋をすることも十分に"あり"なんだと分かります

すると元彼への感情がスッと和らぎ、つらい気持ちが緩和されます。

異性との出会いを積極的に作れば、以上のような感覚が得られるはずです。

運動の習慣を取り入れる

運動をすると幸福感や多幸感が生まれます。

復縁がつらいと感じる時は大抵、自分のネガティブさにやられています。

一人で考え込めば考え込むほどネガティブになるのが人間なので、体を動かして幸福感を得ましょう。

また、実は体の動作と心の起伏は連動しています

運動したり、ポジティブな言葉を声に出したりすれば心も前向きになります。

逆に下を向いたり、ネガティブな言葉をつぶやいたりすれば感情も落ち込みます。

つらい気持ちを打ち明ける

心に溜め込むことでつらい感情は次第に膨らんでいきます。

復縁がつらいという気持ちを打ち明けられる相手を見つけましょう。

もちろん、恋の悩みはデリケートなので話せる相手は非常に限られますし、どんなに仲の良い友達にさえも話せないなんてこともあります。

それでも誰にも話さないよりは誰かに話した方が絶対にマシです。

私でよければ話し相手になりますから、よければ気軽にメッセージでもください。

お互い共通の知り合いがいない関係だからこそ、顔が見えない相手だからこそ、話せることもあるものですから。

※LINE@もしくはメールボックスなど、何かしらの連絡手段をただいま準備中です!もう少々お待ちください。

朝早く起きる

朝や日中はポジティブになりやすく、夜はネガティブになりやすいのが人間です。

夜は感情が敏感になりやすく、ちょっとしたネガティブな出来事で心に大きな傷を負うことも。

なので、夜の時間を減らして日中の時間を増やすことでつらい感情が自然に解放されることになります。

何もない日や休日は午前中だらだらと寝てしまいがちですが、いっそのこと朝5時とか6時に起きてみてください。

「昨日の夜はどうしてあんなことでくよくよしてたんだろう」と思えるはずです。

その前向きな感情があなたを救います。

控えた方がいい行動

控えた方がいい行動

復縁の失敗要因でかなり多いのが「自滅」です。

どういう時に自滅してしまうかというと、復縁がうまくいかずつらい気持ちになっている時なんですね。

つらい気持ちになると冷静さを失い、思わぬ自滅行動を起こしてしまうもの。

以下の行動をしそうになった時はブレーキを踏みましょう。

用件のないLINEを必要以上に送る

ダメだとわかっていてもやってしまうのが、連絡を送りすぎてしまうことです。

つらい気持ちに追い込まれると、元彼を失いたくないという不安から必要以上に連絡を送ってしまうもの。

同じ女性からの連絡が立て続けにくると、男性は「追いかける必要性」を感じなくなります。

恋愛感情が芽生えにくくなる要因の一つになるので、連絡を送りたくなっても堪えましょう。

元彼のSNSを常にチェックする

断言しますが、好きな人のSNSを見て良い気分になることはないです

SNSは見るだけでいとも簡単に心が乱されるので、気持ちをコントロールする上で大変厄介な存在になります。

なんとなく元彼のSNSを見る癖がある場合は、強い意思を持ってやめましょう。

SNSで消耗して、あなたのかけがえのない時間が失われてしまうのは非常にもったいないです。

もっと別のことに時間を使うようにするだけであなたの人生は大きく前向きになるはず。

SNSを見れば見るほど後退することになるのだと強く受け止めてください。

自分を責める

どんなに元彼との距離が離れようと、決して自分に自信をなくしてはなりません。

復縁がつらいと思えば思うほど、「だから私はだめなんだ」「なんで私はこういうところがあるのかな」と落ち込んでしまいがち。

しかし、元彼だけで自分を評価する必要はないです。

自分の悪いところばかりに目を向けると、欠点を意識しすぎて人とうまくコミュニケーションが取れなくなったり、元彼と会えた時にぎこちない自分を印象付けることになります。

復縁がつらいからと言って自分の価値を下げないでください。

少なくとも元彼は、あなたに惚れた一面があったからお付き合いを受け入れました。

その過去だけは真実です。

まとめ

つらい気持ちを緩和させることは、復縁を叶える上で大切な活動の一つです。

マインドコントロールがうまくできないと、もしかしたら訪れたかもしれない復縁チャンスさえも知らず知らずのうちに遠ざかります。

また、つらい気持ちを引きずればあなたの貴重な時間がじわじわと失われることになります。

今頑張って乗り越えるだけでこれからの人生は明るくなるので、まずは今回お伝えしたことを、できるところから実践してみてください。

そうすることで、本サイトでもお伝えしている復縁の叶え方もスムーズに実行できます。

まずは自分の気持ちを労ってあげてくださいね。

おすすめの記事