「年下彼氏がいるけど、『結婚は考えられない』と言われて別れそうになってる」「年下彼氏と別れずに結婚したい」「結婚の話したら、年下彼氏は重く感じちゃうかな」

などなど、年下彼氏を持つあなたは色んな悩みを抱えているでしょう。

特に、結婚が絡んでくるとなおさらです。

そこで本記事では、

  • 年下彼氏と別れることになる主な原因や理由
  • 年下彼氏と結婚するための方法
  • 年下彼氏と別れることになった時の復縁方法

など、年下彼氏との結婚を叶えるための情報を一通りまとめています。

結婚という話題は、扱い方を間違えれば年下彼氏との間に大きな大きな壁を作る原因になります。

別れないように、そして年下彼氏との結婚を叶えられるように、ここで思考を整理しておきましょう。

スポンサーリンク

年下彼氏と別れる主な原因や理由

年下彼氏と別れる主な原因や理由

まずは、年下彼氏と別れてしまう理由をお話していきます。

女性から別れを連れる場合もありますが、今回は年下彼氏から別れを告げられた時の原因をまとめています。

女性に結婚を迫られる

年下彼氏は、彼女に結婚を迫られるとその話題をさけてしまうことがあります。

それは、自分自身がまだ結婚のタイミングじゃないと考えていることが原因です。

女性としては、30歳が近づいてくると「そろそろ結婚したいな」と思う方が多いですが、そんな時、年下彼氏が結婚はまだまだ先だなぁと考えていることもあるでしょう。

理由は「まだまだ独身で気楽にしていたい」「収入などを考えると家族を持てる状態じゃない」など様々。

タイミングではない時に、結婚したいと迫ったり、結婚の話題や将来の話ばかりして追い詰めると「俺といたらまだまだ結婚してあげられないから・・・」と別れを切り出されてしまうかもしれません。

また、あまりにしつこいと呆れられ、愛想をつかれる可能性もあるので、必死に結婚をにおわせたり迫ることは控えましょう。

年収などの格差が気になっている

男性は彼女が年上の場合、年下だということを気にして自分がリードしたい!頼りにされたい!と強く思う傾向があります。

そのため収入の面でもいつかは追い越せられたらと考えています。

しかし、最近は女性も会社での地位が高くバリバリと仕事をして稼いでいる方も多くいます。

そのような女性が相手だと「俺は彼女にふさわしくないのではないか」とネガティブに考え別れをきりだす男性もいます。

年下彼氏のプライドを傷つけないことが必要ですので、助けてもらったときなどは「頼りになるね!」としっかり言葉にして自信をつけておくことが別れを回避するポイントです。

女性が母親のように思えてきた

年下彼氏は年上彼女に甘えたい!と惹かれることが多いですが、あまりに世話をやきすぎると「うざいな」「かあさんみたいだな」と煩わしく感じます。

女性としては可愛がりたい!世話を焼きたい!と思う気持ちはわかります。

しかし、彼女の立場から母親や姉のようなポジションになってしまうと女としての魅力をなくしてしまいます。

それに、家事や身の回りのことをやってあげるのはいいのですが、全てのことをフォローしてしまうと魅力的だった年下彼氏がダメ男に変わってしまいますので年下彼氏はメリハリをつけて甘やかしましょう。

別に好きな人ができた

仲良く付き合っていても、もっと好きな人ができて別れを切り出される場合もあります。

若い世代は、結婚している方も少ないため友達同士の交流も活発で出会いも多く、年下彼氏にその気がなくても言い寄られることもあるでしょう。

そんな時、魅力的に感じて他の女性に惹かれてしまう可能性もあります。

他の女性に惹かれるようになると彼女と比較を始めるため、少しずつ態度や言動が変わってくるでしょう。

最近年下彼氏が何かおかしいと感じ出したら注意が必要ですね。

価値観が違い過ぎた

価値観が違い過ぎると将来を考えられず、別れてしまうケースがあります。

育ってきた環境や世代によっても考え方や価値観はかわってきますが、結婚などを考えた時にやはり価値観が近い方が将来のビジョンを描きやすいのでしょう。

特に金銭感覚の違いなどは、お互い気にするところでしょう。

明らかにお金にだらしがなかったり、散財が多いと「この女性とは家庭を築けないな」と感じてしまいますので、無駄遣いには注意しましょう。

年下彼氏と結婚して幸せな夫婦になったエピソード

年下彼氏と結婚して幸せな夫婦になったエピソード

では、年下彼氏とは結婚できないのか?というとそうではありません。

実際に年下彼氏と結婚して幸せになった方はいっぱいいます。

下記ではそんな幸せいっぱいのご夫婦のエピソードを紹介していきます。

職場の年下彼氏と結婚した

まずは、職場の年下彼氏と結婚した方のエピソードです。

同じ部署のリーダーだった私は、新入社員で入ってきた年下男性が気になっていました。

仕事ができるのはもちろん、周りに気を遣えるところが魅力的で料理好きで家事なども得意なところも、自立しているなと好印象でした。

同じ部署だったので仕事後によく呑みに行くようになり、付き合うようになりました。

付き合って2年後、彼が新しい部署に移り役職がついたタイミングでプロポーズされ結婚することになりました。

家事分担などもしていますが、家庭でも仕事でもお互いを尊重し、「手が空いている方が手伝う」「苦手なところは得意な方がカバーしていく」スタイルでけんかもあまりなく楽しく過ごしています。

同じ職場だからこそ、お互いの仕事の事情などがわかりサポートし合っていて素敵な関係ですね。

同じ趣味の年下彼氏と結婚

次は、同じボルダリングが趣味の男性と結婚したエピソードです。

よく通っていたボルダリングジムにすごくタイプの男性がいてよく話すようになりました。

でも、年下ということもありなかなかこちらからアプローチしていいものかと悩んでいたところ、たまたま帰るタイミングが一緒になりそのまま食事へということになりました。

その後、何度か食事やデートをし付き合って、数年後結婚したのですが、今でも2人でボルダリングジムに通い趣味を楽しんでいます。

初めは年下ということを気にしていたのですが、同じ趣味なので一緒に楽しめる共通点があり、実際は年の差はあまり感じたことがありません。

やはり、年下男性とは趣味が合うのかな?話が合うのかな?となかなか一歩踏み出せない方が多いようです。

しかし、実際は同じ趣味や同じ時間を共有することで年の差なんて感じなくなるようですね。

病院で働いていた時の患者さんと結婚

最後に、看護師さんと患者さんの結婚エピソードです。

看護師で働いていた病院に主人が入院してきたのがきっかけでお付き合いする事になりました。

年下彼氏ということもあり、かわいいなと思う反面、少し頼りないなと感じていたのですが、私自身男勝りな性格のため自然と波長が合うのを感じていました。

数年後夫婦になり、当時私はまだまだ仕事をがんばりたいと思っていて子供を出産後は出来るだけすぐに仕事に復帰したいと考えていました。

その考えを尊重してくれ、今でも育児や家事に積極的に参加してくれています。

正直、主人はまだまだ若く収入は多くはありませんが、仕事は残業もほとんどなく早く帰ってくるので、私が仕事で出来ない部分を助けてくれており助かっています。

しっかりものの女性がリードしていく形をとっているご夫婦です。

家庭に入りたいと考える女性がいる一方で、仕事をがんばりたいから家のことを任せたいと考える女性も増えてきていますので、お互いの考えや理想の家庭像などが一致するのであれば、年上年下関係なくうまく支えあっていけそうですね。

スポンサーリンク

付き合い方や接し方が大事。年齢は関係ない。

付き合い方や接し方が大事。年齢は関係ない。

年下彼氏と結婚を叶えている方は存在します。

年齢というハードルは確かにありますが、だからと言って結婚ができないということにはなりません。

「年上だから・・・」と少し自信がなくなっている方のお話をよく聞きますが、そんな女性のほとんどが謙虚で、年下彼氏のことをよく慕っています。

年下彼氏との結婚は、不可能な願いではありませんのでポジティブに考えてくださいね。

年下彼氏に「結婚したい!」と思ってもらうための付き合い方まとめ

年下彼氏に「結婚したい!」と思ってもらうための付き合い方まとめ

では、実際に年下彼氏にプロポーズされる女性になるにはどうしたらよいのでしょうか?

年下彼氏と付き合っていて、なかなか結婚の話が出ない!と悩んでいる方はぜひ下記を読んで参考にしていただきたいです。

束縛しすぎない

やっと年下彼氏をゲットしたら、手放したくない!と考えるのは自然なことですが束縛しすぎるのはよくありません。

年下彼氏が、飲みに行って夜遅く帰ってきたときに「なんでこんなに遅いの?」「本当に男友達との飲み会だったの?」といろいろ問いただすと「うざいなぁ」と感じてしまうでしょう。

束縛されるのは誰でも嫌なものですので、もしモヤモヤしてしまったときは「さみしかった~」と一言いうくらいにとどめておくのがいいでしょう。

ヤキモチととれるこのくらいの発言なら、「こいつかわいいな~」「次は早く帰らなきゃ!」と好印象を残すでしょう。

自立した女性になる

収入面、生活面で自立している女性はとても魅力的です。

年下彼氏は、まだ若いこともあり金銭面で不安がある場合が多いのではないでしょうか。

不安があるとなかなか結婚したいとは思いませんが、女性側に生活力がある場合は話が変わってきます。

お互いがお互いを支え合える関係こそが年下彼氏が結婚を考えるきっかけになるのです。

彼のやり方を尊重する

仕事など年下彼氏がプライドを持ってやっていることに口を出すのは良くありません。

年下彼氏よりも年上彼女は経験が多い分「こうした方がいいのにな・・・」「あのやり方は絶対違うなぁ」と思うこともあるでしょう。

しかし、そのやり方を止めてしまったり良かれと思って助言することは時には男性のプライドを傷つけてしまっている可能性があります。

失敗するかもしれないと思っていても、年下彼氏のやり方を尊重して見守り、もし失敗して落ち込んだ時に励ましてあげられる方が年下彼氏はあなたのことを必要に思うでしょう。

家庭的な面をアピールする

やはり、男性は家庭的な女性が好きな場合がほとんどで、料理がうまい、部屋がキレイなどは彼女として高ポイントになります。

特に年下彼氏は、仕事でまだまだ覚えることも多く気を張っているので、家に帰って温かい美味しいご飯が待っていると癒され嬉しくなるはずです。

プロ並みに料理が上手になる必要はもちろんありませんが、彼の好きなものは少し練習しておくとポイントも上がっていくでしょう。

甘えられて頼りになる女性を目指す

年下彼氏は、年上の女性に甘えたいと考えているので、甘やかすことのできる女性になりましょう。

甘やかすだけではなく、年下彼氏が一番求められているのは、甘えた後に背中を押してくれ明日からまたがんばろう!という気にさせてくれる女性です。

例えば、落ち込んでいたらしっかりと話を聞き「よし!今日は好きなもの何でも作ってあげるから元気出して!何がいい?」などとうまく気持ちを切り替えるきっかけを与えてあげるのもいいでしょう。

気持ち的に支え、理解することで、ずっとそばにいてほしいと感じる女性になるでしょう。

年下彼氏に「結婚したくない・別れたい」と思われてしまう女性の特徴

年下彼氏に「結婚したくない・別れたい」と思われてしまう女性の特徴

では、年下彼氏が距離を置きたいと思ってしまう女性の特徴はどのようなものになるのでしょうか?

下記でお話していることを、もしやってしまっているのであれば少し注意する必要があります。

読んでチェックしていってくださいね。

結婚したいと必死になる

別れた原因のところでもお話しましたが、女性は適齢期になってくると、結婚願望が強くなりますが、自分の思いのままに結婚したいと迫ってはいけません。

年下彼氏は仕事が楽しかったりで他のことに目が行っている場合や、年齢も若く「まだ結婚は考えられない」と考えている方も多くいます。

迫るだけではなく、年下彼氏の友達などに「結婚したいんだけどなかなかその気がないみたいで・・・」などと話してけしかけてもらったりするのもご法度です。

焦る気持ちはわかりますが、落ち着いて、まずは年下男性の気持ちを尊重して考えてあげましょう。

上から目線の発言や説教が多い

年上だからと言って上から目線の発言や、説教が多いと年下彼氏と対等な関係ではありません。

年上女性の経験が多いのでついつい助言をしたい気持ちはわかりますが、年下彼氏のプライドを傷つける可能性がある為、発言には気をつける必要があります。

年下彼氏といい関係を築くためには対等な関係であるのがベストですので、アドバイスをする場合であっても上から目線ではなく、やわらかに伝えられるようにしたいですね。

若作りをしすぎる

年下彼氏と一緒に歩くんだしと、気合が入ってしまいますが、無理な若作りは相手をげんなりさせてしまいます。

特に、自分の年齢に合わないようなファッションやメイクは痛いなと感じ、年下彼氏は、知り合いや友達に紹介したくないなと考えます。

年代に合わせたおしゃれをして、綺麗なお姉さんでいることが年下彼氏の「自慢の彼女」になる秘訣ですよ。

自分の価値観を押し付ける

「みんなはこうしているよ!」「こうしてないのは私たちだけだよ!」などと周りと比較したり、「男性は女性の荷物を持つべき!」「レディーファーストであるべき!」などという価値観を押し付けるのはよくありません。

確かに理想としてやってほしいことがあったりしますが、年下男性は別の考えがあることもあります。

自分の考えを言うことは必要ですが、無視に押し付けていると窮屈に感じ、ずっと長く一緒にいたいと思ってはもらえないので注意したいですね。

彼に合わせすぎる

上記とは逆に、彼に合わせすぎるのも実はよくありません。

特に年下彼氏は「年上に甘えたい」「しっかりした女性が好き!」という方が多いので、すべてを合わせていると面白くない女性と思われることもあります。

年下彼氏に合わせることもいいのですが、自分の意見をはっきりと言える女性であることがお互いを刺激し合えるいい関係を築くためには必要ですね。

年下彼氏との復縁方法

年下彼氏との復縁方法

最後に、別れてしまったときの復縁方法をお話します。

好きだけど、振られて別れてしまったけど、よりを戻したい!と思うこともありますよね。

年下彼氏に振られそう、すでに振られてしまったという方はぜひ参考にして下さい。

まずは潔く身を引く

別れたくないのに振られてしまうと、すがりたくなってしまいますがここはグッと我慢しましょう。

復縁を諦めきれなくても、まずは潔く身を引くフリをするのがベストで、「別れたくない!」「何がダメだったの?直すから考え直して!」とすがるのはお相手にはいい印象を残しません。

また、男性はどこかで、「別れても俺のことを好きでいてくれる」と考える傾向があるので、すがる行為は向こうの思うつぼ。

口に出してはいけませんが、「別れたいんだからしょうがないね~」くらいの雰囲気で余裕を見せておくと、年下彼氏は「あれ?引き止めないんだ・・・」「俺がいなくても平気なのかな?」と不安をあおります。

年下彼氏はあなたのことが気になってしまうこともありますので、潔く身を引くのが復縁への近道ですよ。

相談にのるなどして、距離を縮める

別れても連絡を取り合える関係が続いているのであれば、仕事や、少し癪ですが彼女の相談にのって距離を縮めるのも方法の1つです。

男性は一度付き合った女性には心を開いて相談しやすい関係性になることが多いですし、年上ということもありあなたからのアドバイスはすんなり聞き入れやすいでしょう。

相談にのりながら、恋愛事情を知ることもできますので次のアプローチ方法も練りやすいですね。

自分磨きをする

振られた悔しさをバネに、自分磨きをするのも方法の1つです。

一見関係なさそうに感じますが、別れた男性と久々に会ったときにかっこよくなっていると惚れ直した経験はありませんか?

男性も同じで別れた後にあった時、付き合っていた当時よりもだらしなくなっていたりファッションに気をつけてきれいにしていないと「別れて正解だったなぁ」と思いますし、逆にきれいになっていたら「なんで別れたんだろう!」と悔しく思います。

外見だけではなく、検定などをとり仕事でも活躍しだすなどの変化も男性の心を刺激しますので、意識して自分磨きをしていきたいですね。

まとめ

本記事のまとめ
  • 年下彼氏が結婚を考えていないタイミングに結婚を迫ると、振られる傾向にある
  • 年齢は関係ない!年下彼氏と結婚する事は可能!
  • 年下彼氏と結婚する為には、同等の立場であることが大事
  • 経験があるからと上から目線の発言は年下男性のプライドを傷つける

年齢が上がるにつれて結婚を焦ってしまいますが、年下彼氏は結婚したいと思うタイミングがまだなだけかもしれません。

結婚を意識しだすまでお互いを支え合えるいい関係でいることが結婚への近道ですよ。

年下彼氏と結婚したいと考えるのであれば、相手に合わせて少し待ってあげてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事