「元彼に彼女がいると、復縁するまでの期間って長くなるのかな..」「彼女がいる元彼と復縁するのに、普通どれくらい時間がかかるんだろう..」

こんな悩みありませんか?

遠藤アイ
結論から言うと、あなたが置かれている状況によって復縁期間は変わります。状況によっては、彼女に元彼がいても、最短で1週間で復縁できる可能性だってあります!

そこで本記事では、彼女がいる元彼との復縁期間を状況別にまとめています

あなたが置かれている状況と照らし合わせながら、復縁期間をイメージしましょう。

復縁できる期間がなんとなくイメージできているのとできていないのとでは、大きな差があります。

復縁できる期間がイメージできていない中で復縁活動をするのは相当つらいです。

ゴールが見えない中ずっとマラソンをしているようなものですよね。

なので、本記事を通して復縁できる期間をある程度つかみ、復縁活動をより良いものにしていただけたら幸いです!

スポンサーリンク

彼女がいる元彼との復縁期間を状況別に解説

彼女がいる元彼との復縁期間を状況別に解説

冒頭でもお話した通り、彼女がいる元彼との復縁期間はあなたが置かれている状況によって変化します。

ざっくりですが、「1週間~1ヵ月」か、「1ヵ月~3ヵ月」か、「3ヵ月~1年」か、「1年以上」に分類されます。

それぞれの復縁期間にはどんな状況が当てはまるのか、紹介していきますね!

復縁期間が1週間~1ヵ月かかる状況

復縁期間が1週間~1ヵ月かかる状況

元彼に彼女がいても、状況さえ整っていれば、1週間~1ヵ月での復縁が可能です。

まずは、復縁期間が1週間~1ヵ月かかる場合の状況を説明していきます。

以下に該当する場合、あなたは元彼と1週間~1ヵ月を目安に復縁できるはず!

連絡が取れる

1週間~1ヵ月程度での復縁には、元彼とスムーズに連絡が取れるのが必須条件です。

特に、別れた後でも元彼からたびたび連絡があり、「彼女ができた」というのも元彼からの報告でわかったなら、短期間で復縁できる可能性は高くなります。

別れた後も問題なく連絡が取れるのは、あなたと元彼の関係が良好な証拠です。

気軽に会える

復縁に関わらず、交際には気軽に会える環境が必須です。

精神的距離感はもちろん、物理的距離感も重要になります。

例えば、遠距離恋愛の寂しさで別れてしまった場合、気軽に会える距離ではないので、元彼の今の彼女と張り合うには不利な状況です。

一方、いつでも会える距離ならば、「今日この後ちょっと会えないかな?」と誘いだすことも可能です。

気軽に会えれば、頻繁に顔を見せて愛着を復活させやすくなります。

元彼はあなたに未練がある

現在彼女がいる元彼との復縁を短期間で成し遂げるには、彼の気持ちが重要です。

元彼があなたに未練たらたらで、彼女を作ったのは寂しさを紛らわせるためなら、速攻で復縁できる可能性は高まります。

あなたがアクションを起こして「私と彼女、どっちをとるの?」というポーズをとれば、元彼はあなたを選ぶでしょう。

スポンサーリンク

復縁期間が1週間~1ヵ月の場合に今やるべきこと

復縁期間が1週間~1ヵ月の場合に今やるべきこと

あなたが今やるべきは、友達ポジションで元彼に連絡をとり、とにかく2人で会うことです。

会って元彼に彼女の話を聞き、本当に自分への未練があるのか確認しましょう。

この時、直球で復縁のアプローチをしてはいけません。

まずは、元彼の新たな恋の応援団を演じて、彼から彼女との付き合いについておしゃべりさせ、その後に復縁したい気持ちを匂わせましょう。

  • 彼女、幸せそうでいいな…
  • なんで別れちゃったんだろう…
  • あの時、私勝手だったよね。ごめんね…
  • あなたの良さに気付かなかった私ってバカだな…

元彼と別れて後悔している気持ちを匂わせるのがポイントです。

元彼に彼女がいるのに、「復縁しよう!」とグイグイ迫ったら、「冷血」「非常識」とマイナスイメージを与えてしまいます。

ファーストコンタクトで後悔を匂わせ、セカンドコンタクト以降で復縁のキーワードを出し、徐々に復縁への期待を感じさせましょう。

元彼が彼女との別れや不仲を匂わせたときが、完全復縁を求めるタイミングです。

復縁期間が1ヵ月~3ヵ月かかる状況

復縁期間が1ヵ月~3ヵ月かかる状況

1ヵ月~3ヵ月も、復縁に要する時間としてはかなり短い方です。

状況が整っているからこそ、この期間での復縁が可能です。

これから、1ヵ月~3ヵ月で復縁が見込める状況について解説します。

当てはまるなら、少しずつ元彼との復縁に向けて準備を始めましょう。

共通の友達がいる

元彼にあなたへの未練がない限り、彼女がいる状況で1対1でいきなり会うのは、少しハードルが高くなります。

早く復縁したいなら、友達の協力が不可欠です。

そのため、あなたと元彼の間に共通の友達がいるかどうかが、大きなカギとなります。

現時点で彼女持ちの元彼は、あなたと2人きりのシチュエーションを避けるはずです。

しかし、友達を交えて複数人で連絡を取り合ったり集まったりなら、応じてくれるでしょう。

元彼と会う方法がある

1ヵ月~3ヵ月というスピードで復縁するには、気軽ではなくても、2人で元彼と会う方法が必要です。

集団で会っているだけでは、元彼に彼女との別れを決断させ復縁するには、状況的に厳しいです。

ファーストコンタクトは集団で構いませんが、その後元彼と2人で会う方法や理由が現時点で思いつくなら、短期間で復縁する可能性が出てきます。

別れ方が円満

別れ方が円満なのも、元彼とスムーズに復縁する必須条件となります。

後味の悪い別れ方をしてしまうと、「復縁しても、きっとまた嫌な思いをするだろう」と、元彼はあなたに慎重かつ警戒してしまいます。

一方、別れ方が円満で、今すぐでも笑って思い出話ができるなら、短期間でも修復できるでしょう。

復縁期間が1ヵ月~3ヵ月の場合に今やるべきこと

復縁期間が1ヵ月~3ヵ月の場合に今やるべきこと

まずあなたが今やるべきは、仲間を集めて元彼との再会です。

会わなければ復縁のスタート地点には立てません。

元彼と共通の友人を誘って、飲み会を企画しましょう。

信頼できる友人ならば、あなたが元彼との別れを後悔して、復縁したい気持ちがあると相談すると良いでしょう。

友人が元彼の説得役を買って出てくれるかもしれません。

元彼との再会を果たしたら、友達としてまた連絡して良いか、お伺いをたててください。

仲間内の集まりにきてくれるなら、「友達」を全面に押し出せば、元彼は拒否しないでしょう。

今度は友達というポジションから元彼の恋愛話を聞き出し、彼女を誉めて油断さます。

元カノの気安さを大いに利用し、元彼の恋の相談役になるのです。

元彼があなたに心を許し始めたら、少しずつ復縁を匂わせていきましょう。

体を使って誘惑し、先に既成事実を作るのもありです。

復縁期間が3ヵ月~1年かかる状況

復縁期間が3ヵ月~1年かかる状況

別れるにはそれなりの理由があるもの。

修復と復縁にはある程度の時間が必要なのです。

これから復縁期間が3ヵ月~1年かかる状況について解説します。

一見復縁の望みがないようでも、待つことで復縁の可能性が高まるケースなので、今の状況と比べてチェックしてくださいね。

嫌われてはいない

1年以内の復縁を目指すには、元彼から嫌われていないことが必須条件です。

男性は女性よりもナイーブな一面があり、一度「無理だ」「嫌いだ」と思った元カノに対して、簡単に心を許してくれません。

嫌われたら復縁に年単位の時間が必要になってしまいます。

元彼が彼女とラブラブ状態

元彼に嫌われていなくても、現彼女とラブラブ状態だと、あなたが割り込む隙はないため、復縁までにある程度の時間がかかります。

しかし、見方を変えれば「付き合ってまだ間もない今が、最もラブラブな時期」であり、今後、元彼と彼女の関係が変化する可能性は大いにあります。

1年以内の復縁も夢ではありません。

しこりは残るがお互い納得して別れた

元彼と復縁できるかどうかは、別れ方も重要です。

しこりが多少残っていても、お互いが納得しているなら、気持ちの解決は一応できています。

決定的なすれ違いがないので、元彼もあなたに対して聞く耳を持っている状態です。

やり方次第で復縁に持っていけます。

復縁期間が3ヵ月~1年の場合に今やるべきこと

復縁期間が3ヵ月~1年の場合に今やるべきこと

あなたが今やるべきは、元彼と彼女のラブラブ期間が終了するのを待つことです。

復縁したい気持ちはひた隠しにして、今は女磨きに力を入れてください。

待っている間、元彼の動向にアンテナを張りつつ、再度連絡を取るタイミングを計りましょう。

人は自分が幸せなとき、他人に優しくなれるものです。

元彼が彼女とラブラブ期間を終え、安定期に入って「まったり幸せ期」に入ったときがチャンスです。

「最近どうしてるかなと思って」と、あなたから連絡をとってみましょう。

元彼は心の余裕から、すんなり連絡に応じてくれます。

連絡がとれるようになったら、単なる元カノから友達のポジションになって、元彼と彼女の間に隙ができたときを狙って、あなたの存在感を大きくしていきましょう。

急がずじっくり攻めるのが、復縁成功の秘訣です。

復縁期間が1年以上かかる状況

復縁期間が1年以上かかる状況

元彼があなたとの交際を後悔するほど、別れに対して強いショックを受けている場合、復縁期間は1年以上の時間を要します。

元彼があなたにこりごりしている状況から復縁に持ち込むには、長い長い冷却期間が必要なのです。

これから、復縁期間が1年以上かかる状況について解説していきます。

当てはまる場合、今のあなたはとても辛い状況に置かれているでしょうが、それでも復縁をしたいなら、目を背けず現実を直視しましょう。

連絡を拒否されている

元彼があなたからの連絡をすべて拒否しているなら、復縁には1年以上かかるでしょう。

現時点で、元彼はあなたと一切関わりたくないと思っています。

あなたが嫌いなだけではなく、下手に元カノと連絡を取って、今の彼女に誤解されるのがイヤなのでしょう。

現段階で、あなたから接触する行為は、元彼にとって迷惑でしかありません。

共通の友達がいない

連絡を拒否されている場合、元彼とあなたに共通の友達がいないのは致命的です。

直通の連絡手段しかなく、それを拒否されているのですから、復縁したくても身動きがとれません。

仲間ゼロの状態で、彼女持ちの元彼と復縁をするのは至難の業なのです。

元彼に愛想を尽かされるかたちで別れた

別れを言い出したのが元彼からで、しかもあなたに愛想を尽かしているなら、今のままのあなたでは復縁できる可能性は限りなくゼロに近いです。

元彼が抱くあなたへの怒りや嫌悪感が薄まるだけではなく、あなたが別人のように魅力的にならなければ、復縁は困難です。

復縁には相当な努力と時間が復縁には必要だと覚悟しましょう。

復縁期間が1年以上の場合に今やるべきこと

復縁期間が1年以上の場合に今やるべきこと

まずあなたがやるべきは「復縁したい」という気持ちの封印です。

なぜ元彼とここまで関係がこじれたのか、連絡を拒否されるほどになってしまったのか、交際期間の自分の行いを見返して整理しましょう。

  • 別れるとき、元彼はあなたになんと言っていたか
  • 交際中、元彼はどんなときあなたに怒り不機嫌になったか
  • 元彼が自分に笑顔を向けてくれたのはどんなときか
  • 元彼の彼女と自分は何が違うのか

あなたを良く知る友達に、客観的な意見を聞くのも良いでしょう。

反省点を洗い出し、復縁するときに同じ問題で立ち止まらないように、成長する努力が必要です。

時間はたっぷりあります。

関係がこじれた状況なので、復縁までの冷却時間は数ヵ月、場合によっては数年かかるかもしれません。

その間に、人間的にも女性的にも魅力的になる努力を続けてください。

あなたが別人のように成長した姿に、元彼が心動かされたら、復縁する可能性も出てくるでしょう。

状況に応じて行動を変えることが大切

状況に応じて行動を変えることが大切

彼女がいる元彼と復縁したいなら、状況に応じて行動を変えることが大切です。

攻めるべきか、引くべきか、慎重に判断してください。

間違った対応をすると、復縁の可能性が遠のいてしまいます。

また、どのような状況でも、一度別れてしまった事実を真摯に受け止め、元彼の気持ちを真剣に考える必要があります。

なぜ別れてしまったのか、お互いにどんな問題を抱えていたのか、じっくりと考えましょう。

まとめ

本記事のまとめ
  • 別れ方や元彼との関係性によって復縁期間は変わる
  • 復縁アプローチのタイミングは元彼が心を開いた瞬間
  • 別れを教訓にして2人の問題点を見つけるべき
  • 冷却期間に自分磨きをして新しい自分になる

あなたが目指すゴールは復縁ではありません。

復縁できても、同じ過ちを繰り返したら意味がないのです。

辛い別れの経験から学ぶべきことはたくさんあります。

どのような形で復縁するとしても、次はお互い歩み寄って思いやりのある関係を築いてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事